キャリア採用 Career インタビュー|サービスアドバイザー

モノづくりの世界にいた私も、
一人前になれました。

稲村 幸太郎 2015年入社

Before前職
製造スタッフ

モノづくりから
サービスアドバイザーに転身。

前職は、国産車の製造ラインの現場で働いていました。全国のVW正規販売店では、様々な経歴をもつ先輩たちが活躍されていますが、モノづくりからの転職はかなり珍しいと思います。自分が一生懸命作ったクルマが、お客様にちゃんと届いているのかを確かめたくなったのが転職理由です。サービスアドバイザーという仕事は、製造の現場で身につけた知識のほか、以前に取得した整備士資格が活かせる反面、私自身の対応や印象が「フォルクスワーゲンブランド」のイメージを決めてしまうため、やりがいだけではなくプレッシャーも感じています。たとえば、1年間に数回しか来店されないオーナー様や予期せぬ故障で困っていらっしゃるお客様への対応など、常に緊張感を持って取り組んでいます。

お客様の生の声を聞き、
自分の視野が広がった。 

実は私は人と接するのがあまり得意ではなく、入社前はサービスアドバイザーという仕事が自分に務まるのか不安に感じていたんです。しかし、フォルクスワーゲンアカデミーでの研修で人間心理の基礎やニーズ・ベネフィットなどをじっくり学んだ結果、対人スキルに不安があっても、自信を持ってお客様に対応できる技術を身につけることができました。だから、製造現場でモノづくりをされている方や車いじりが好きで知識がある一方で経験が無い方なども、安心して転職できると思います。サービスアドバイザーの魅力は、自分の視野が広がり、毎日成長を実感できること。お客様と密にコミュニケーションをしながら、「お客様が何を求めているのか?」を察し、自分ならではの提案でお客様に喜んでいただけると達成感がありますね。