会社を知る Company フォルクスワーゲングループの特長

01 世界No.1ブランド、
それがVW。

VWグループは、VWをはじめアウディやベントレー、ポルシェ、ランボルギーニなど12ブランドを世界150カ国以上で展開しています。世界自動車販売台数は1000万台以上を誇り、2年連続で「世界No.1」です。乗用車や高級車だけではなく、バスやトラック、スポーツカー、バイクまで網羅する世界で随一の自動車メーカーとして、その地位を確立しています。

02 「ピープルズカー」に
込められた想い。

VWの歴史は、「ビートル」の愛称で親しまれているType1から始まりました。大人2人と子ども3人が安心安全に乗れるピープルズカー(国民車)を作るという想いは、80年以上たった現在でもしっかりと受け継がれています。私たちが目指すのは、人が主役のクルマ。この想いは国境や人種の壁を越え、創業の地であるドイツ・ヴォルフスブルクから世界中に広がり、今では多くの人々に愛されるフォルクスワーゲンブランドの礎となっています。

03 早期から、
先進システムを導入。

安全の第一歩は、事故を未然に防ぐことです。たとえば自動ブレーキシステムの場合、各メーカーがテレビCMなどでPRするなか、VWでは早期からプリクラッシュブレーキシステム「Front Assist」を採用。その他、ESC(エレクトロニック・スタビリゼーション・コントロール)やポストコリジョンブレーキシステム、アダプティブクルーズコントロールなど先進的な安全技術を多くのモデルで標準装備しています。

04 命を守る高剛性ボディ。

クルマの安全性や操作性において、「ボディ」が最も大切であることはあまり知られていません。事故の衝撃に耐えるだけではなく、複雑な力がかかる走行中でもすべてのタイヤがしっかり接地しているからこそ、VWのクルマは乗りやすく、疲れにくいのです。VWではコストを惜しまず、車両の部位ごとに引張強度の異なる鋼材を使い分け、安全性と軽量化のバランスを高次元で実現。その結果、GolfはNASVAで最高評価となる5スターを獲得しています。

05 ブランドを支える
正規販売店の役割と使命。

VWのディーラーネットワークは全国250店舗以上に広がり、活躍中のセールススタッフやサービスアドバイザー、サービステクニシャン(整備士)は合計4000名以上にも上ります。正規販売店では法定点検に加え、独自のメーカー指定点検によってクルマを常にベストコンディションに保つことができます。正規販売店で働くスタッフは、それぞれの職域で役割を担うだけではなく、一人ひとりが「フォルクスワーゲンブランド」の魅力を伝える使命を持っています。